≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

米国Amazonから買ってみようか


 これまで米国製品を通販で購入するには手続きが面倒だったり、クレームがある場合のコンタクトがややこしそうだったのでパスしていたが、Amazonアメリカのガイドを見ると簡単そうなので、こんどトライしてみよう。

 円高だと半額ぐらいの売価にになるようだが、送料と商品or運によってかかる通関税・消費税・手数料(おおよそ10%ぐらいになる場合あり)、一概に安く買えるかはよくチェックが必要。
それと、Amazonアメリカのラインナップ商品が全部買えるわけではなく、食品、本、DVDなどで海外配送しないものもる。従って、日本Amazonで買える米国製品なら多分日本Amazonで購入したほうが無難。

購入の際の注意点! - Amazon.com アメリカのアマゾンでお買い物!

実際例を多くそろえた親切なガイド
スポンサーサイト

| つれづれ | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

【海外ミステリ】 デオン・マイヤー『流血のサファリ』


<クルマの登場シーンを抜書したLagoon 100 Mysteriesに併載>
◇本書から (BLOOD SAFARI,2007 大久保寛訳 武田ランダムハウスジャパン 2012)
『空港まで後をつけてくるものいなかった。
 私たちはエマのグリーンのルノー・メガーヌ・カブリオレで行った。私のイスズのピックアップ・トラックはカレルの家に置いてきたのだ。「きみの車でも窮屈じゃないよ、エマ」この朝カレルは私のことは無視して彼女にそうすすめたのだった。
「あなたが運転なさる、レマーさん?」エマ・ルルーはきいた。
「それでよろしいなら、ミス・ルルー」これが私たちが最後に交わした儀礼的なやりとりだった。フィッシャーヘーブンからN2国道に向かいながら、私がルノーのオートマティックの変速機と2リッターエンジンの驚くべきパワーに慣れようとしていたとき、彼女は「エマと呼んでください」と言った。
 これこそがいつも気まずい雰囲気になる瞬間だ。相手は私に同じことを言って欲しいのに、わたしは決してファーストネームを教えないからだ。「ぼくはレマーです」。』

--COMMENT--
 南アフリカ在住の作家による、同国を舞台にしたアクション・サスペンス。クルーガー国立公園での銃撃犯が20年前に失踪した兄ではないかと信ずるブランド・コンサルタントの女性と、ボディーガードを依頼されたレマーや関係者らが何者かに襲撃される。自然保護運動、部族間の闘争、まだ尾を引くアパルトヘイト問題、隣国モンザンビーク大統領の暗殺事件などを背景に徐々にその首謀者が明らかにされる。現地人の名前や地名が憶えにくかったりするが、ストーリーのトピックが新鮮でとても面白かった。
 それにしても登場車も無茶多かったなぁ。リンポポ州で初めに使うレンタカーがBMW318i、二人が追跡される警察のオペル・アストラ、動物保護区に現れた男のニッサン1400ピックアップトラック、その男の恋人のおんぼろワーゲン・ゴルフ、襲撃グループのニッサンのおんぼろの青いピックアップ、銃撃されたエマを病院に運ぶトヨタの25万キロ走行したハイエース、ボディガード社が用意してくれたアウディA4と白いダブルキャブの3リッター四駆ニッサン、襲撃グループの本拠にあったグランドチェロキー、トヨタ・プラド、ボディガード者経営者女性の1984年型ポルシェ930など。(2012.7.21 #745)

| ミステリーとクルマ | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

フォトブック


 デジカメのアルバムは残すものだけPicasaに保存をしているが、老母とか孫たちに見せるにはやはりプリントもほしいということで、3年前ぐらいから年間の家族写真だけをフォトブックで作っている。

昨年分では家族画像が800枚ぐらいあったのでまず160枚ぐらいに絞り、ページごとに3-4枚のレイアウトをえらび、どんどん放り込んでいけばよい。(下が編集画面)
 フォトブックは各社からたくさんサービスされているが、A5ヨコ版、ページレイアウトの選択ができ、キャプションもつけられる、操作が簡単なもの…で選び使い勝手のいいsnapfishを使っている。
2011年分をようやくまとめ発注したので届くのが楽しみ。
Ref.フォトブックの比較 おすすめフォトブックはこれ!


| つれづれ | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

久しぶりにYouTube


 先日河口湖ラベンダー祭りに行った際、毎年会場で演奏しているIZANAGIさんのシンセサイザーが雄大な響だった。
 シンセサイザーもいいなぁ…と喜多郎でもダウンロードしようと、以前使ったことのあるYoutubeFireに繋ごうとしたがもうサービスしていなかった。
さて、youtubeのダウンロードで簡単なものがないか探したら、ClipConverterが見つかる。
 Firefoxを含め各ブラウザのアドオンをインストールすると、下図のようにYouTube画面にDL用アイコンが表示され、いとも簡単に、かつクイックにDLができた。とても便利ですね。ただし、またいつまでサービスされるか微妙ではある。


| つれづれ | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

ホーム菜園


夏野菜の収穫はピーマンとオクラから。
手入れが十分じゃなかったせか、ナス4株はほぼ全滅、オクラも2株生き残り、ミニトマトもあまり生育順調とはいいがたく、今シーズンはぱっとしないなぁ。例年だとブルーベリーも収穫時期だがまだ。今年初栽培のエダマメをそろそろとってみるか。

| つれづれ | 10:43 | comments(0) | trackbacks(1) | home↑

≫ EDIT

買物しすぎ


 パセリ苗がほしくて南台の花工場へ行き、ついついハイビスカス鉢も。アイスでも買おうと、その向かいにあったマイバスケットに寄ったら野菜ジュースなどが安かったのでついついペットボトル5本も買ってしまう。うーん、ウチまで歩きで4-50分もかかるので重くてしんどかったこと(-_-;)

甥ファミリーに生まれれた結太くんもはや一ヶ月でとてもステキな内祝いをいただきました。
 生まれたときの重さのお米だったので、皆で抱っこしてみて、うーんこんな体重のベビーがお腹にはいっていたんだと、ママは大変だったねー、と感無量(@_@) とてれも印象に残るお品をありがとう。

| つれづれ | 10:51 | comments(0) | trackbacks(1) | home↑

≫ EDIT

暇ネタ、アサヒビール直営パブ


 先日キリンの直営パブ、キリンシティにいったので、今度はアサヒでと、直営パブを探す。
アサヒビール直営店一覧によると、殆どは吾妻橋本社周辺(スカイツリー店BEER&PUB
SUPER “DRY”も)以外では、有楽町、新宿、両国ぐらいにしかなく、アサヒは取引先と競合しないようにあまり積極的には展開しないようだ。
 同リスト以外では、5月10日から9月30日で期間限定オープンしている"スーパードライ・エクストラコールドBar銀座"もある。オープン中に一度いってみたいね。直接検索すると、両国テラス、日本橋うすけぼーとかヒットするものもある。

【愛用ボールペン芯】 ZEBRAの替芯が滑らかさで好きでつかっている。ご執心ナンプレで多用するので減りが早く、買い置きの10本パックがちょうど2年で使ってしまうペースだ。なお、PILOT、JIM KNOCKでも使える。

| つれづれ | 10:22 | comments(0) | trackbacks(1) | home↑

≫ EDIT

山梨ドライブ


退院あけでさっそく一泊ドライブ。久しぶりの運転。
 河口湖ラベンダー(大石公園)のラベンダーは例年よりずっと鮮やかで素晴らしかった。ちょうど早咲きがピークで、遅咲き畑が咲き出しのタイミング ~ おひるは最近人気上昇の吉田ウドン<たけ川>:極く太、極くコシに感激 ~ 河口湖かちかち山へロープウェイ(3分)で上がり下りは歩き一時間、山道アジサイはまだこれから ~ 河口湖大石公園ラベンダー、こちらも見ごろ ~ 甲府へ抜け笛吹フルーツパークの<憧れの!!>富士屋ホテルにチェックイン:ルームやレストラン、大浴場などさすがきちんとしている、夜は雨の霧につつまれ日本3大夜景は残念ながら見られず、日本食ディナーも満足、フロ後30分のソフト整体 ~ 7日朝食前にフルーツパーク散策:ブドウ、桃、栗、リンゴ、キウイ、ネフタリン、杏など多様な果樹が見られた ~ 帰路にて大月の先で訪ねてみたかった公園の寄ろうと探しに探してようやく<桂川ウェルネスパーク>へ、看板はみたのだがてっきり老人ホームかなんかだろうと思い込み(^^;、土曜なのに広大な公園に僅かな入園者、設備ばかり立派すぎるなぁ ~ 帰りはオクさん運転で帰宅
※最近はケータイ・カメラばかり使っていて、デジカメを持っていくのを忘れた(^^; 画質はいまいちだね

| つれづれ | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

結婚記念日


ルビー婚近くになってれきたな。
 ビール好きのオクさんと協議の結果、ギネスの飲めるビア・レストランにしようということになり、一番近場の西新宿アイランドタワーB1のキリン・シティへ。
 おつまみ類もけっこう揃っていたものの、肝心の泡は適度にたっていたギネスはお味のほうががいまいち。
バーテンダーさんに、このビールはどのように輸入されているのと聞いてみたがなにやら要領をえず、Webでぐぐると以下。
・基本的には船便である。そして、ビールを積むコンテナにはドライとリーファーとの2種類あって、費用の安い鉄板1枚のドライ・コンテナが主流
・ビールは、地中海、スエズ運河、インド洋、マラッカ海峡、南シナ海を通って3週間から4週間の長い船旅で日本に到着する。
 この間、途中、赤道を通過するが、コンテナの中に閉じ込めてられているビールは、赤道直下ではコンテナ内部温度は50℃を越え、完全に熱で変質してしまう。
 それを回避するための、つぎに安い手段は、イソキット・コンテナの船底指定輸送というものがある。船の上部は、熱い太陽にさらされ、変質や劣化が著しいが、船底ならば、常に海面下にあって、温度変化が受けにくい状況にあるとの説による。ただし、本当に船底に積まれているのか確認は不可能。本当に品質を重視するならリーファー・コンテナか、空輸しかない。

Ref.ビール輸入の過程

やっぱりね…普通だと美味しさが保証されるものではないといういこと。あーあ、アイルランドのギネス工場を訪ねそこで飲んだビールの喉越しが忘れられないなぁ。[photo右]2005年、ギネス試飲会場:もう一度アイルランドに出かけたい!

| つれづれ | 06:29 | comments(0) | trackbacks(1) | home↑

≫ EDIT

ベニバナ


 昨日(7/4)、なんとか退院。いやー、今回は6週間とこれまでで一番長かったし、一度も帰宅外泊できなかったのでしんどかったこと!! 
一時は片麻痺が残る心配もしましたが、ほぼ90%ぐらいには回復できほっとし、あとは3度目になる分子標的薬イレッサの奏効を期待…といったところ。
 帰ると受信物やビデオ録画がたっぷり貯まっていて、チェックするのに数日はかかりそう。まぁぼちぼちとやるか。
とりあえず、タブレットのアプリで更新できないものがあって、.android_secureのsmdl2tmp1.asec.bakをデスクトップ機から削除。ばっちり復旧できました。

[photo] 季節の花:ベニバナ:小石川植物園

| つれづれ | 13:23 | comments(1) | trackbacks(1) | home↑

| PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。