| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

キリン横浜ビアビレッジ


 大船の植物園を訪れたあと、10年ぶりぐらいに生麦のキリン横浜工場へ。予約はしていなかったが、ちょうど午後1時からのツアーに参加できた。
 見学コースのなかで試飲させてもらった麦汁(発酵前のアルコールなし)は、まさに甘苦い麦ジュースだった。もう文句なく超ベテランといったガイド嬢の解説は、聞きやすく、分かりやすく…これまで行った各社工場のなかでもずば抜けていたように思う。

 試飲は、一番搾り、ラガー、淡麗から選べ、お代わり券(おつまみも選べる)が一人一枚つく。他所ではお代わり自由なので、ちょいと寂しい気もするが、ビールを飲まない同伴者の券ですきっ腹に3杯も飲んだらもう十分だった。今月新発売のびん「無濾過一番搾り」を試飲したかったが残念(#^.^#) 製品概要

 【photo】は定番のおいしいビールの注ぎ方。泡がきれいにコップの上に盛り上がるのをデモで見たのは初めてだった。さっそく家でやってみよう。
スポンサーサイト

| おすすめ、ビール工場 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

寒風のなか箱根へ


 気になっていた叔父のお墓参りを年内にやっておきたくて、御殿場へ出かける。
富士山も雪景色だったけど、まだ大した積雪ではなさそう。富士スピードウェイ隣の富士霊園はとても大規模で桜がたくさん植わっていて、春は見事だろうね。
 お墓参りのあとは、大井松田に出て、アサヒビール神奈川工場へ。さすが冬場は、見学者は多くはない。工場も休みだったので、主にビデオを見せてもらった。無人フォークリフトで工場内物流をやっているビデオが凄かったし、黒ビールの説明ははじめて聴いて興味深かった。
スーパードライ、黒生に加えて、Xmasフェアのワイン(赤カリテア・カベルネ・ソーヴェニオン、白ガンチャ・アスティ・スブマンテ)とベル・ビュー・クリーク(ベルギー伝統製法で造られたチェリーの自然発酵ビール)、黒生チョコもいただく(^0_0^)


| おすすめ、ビール工場 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

アサヒ茨城工場へ


 11日の茨城フラワーパークからの帰路に、以前から訪ねたかった(関東エリアで未訪問の最後)アサヒ茨城工場へ立ち寄る。
同社神奈川工場でも「お薦めですよ!!」と聞かされていただけあって、立派な見学用ホール/映像システム、二十階にも相当する展望接待館、まさにファクトリー・パークを思わせるレイアウトなど、少なくとも今まで訪ねたビール工場としては飛びぬけていた。
 さらに、とても気さくな同社茨城県のO支店長さん自身が試飲会場に出向いて、接待してくれたのには大いに驚き!!であった。

| おすすめ、ビール工場 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

秋は忙しい、柿の収穫、ビール工場


千倉の家の柿を収穫(ほとんど鳥が食べてしまうので、その残り)しに日帰りでドライブしたり、千葉にでかけたついでに、またまたサッポロビール千葉ファクトリーに寄ったり…黒ラベルとエビスの試飲ができた。
ガイドさんに訊いたところによると、この工場では千葉県の水道水をビール用に調整して使っているそうだ。他ブランドでは○○水系のおいしい水…とかPRしているのと比較するとちょっとりきが入りにくいね。



| おすすめ、ビール工場 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

サッポロビール千葉工場


<ひとことメモ>
見学日:2005年8月13日
予約:事前にTelしておいたが都合で早めに到着してOKだった。
アクセス:湾岸のららぽーとあたりからアプローチしたら、食品工業団地に迷い込んだ。工場は見つかっても見学用ゲートの場所がわかりにくかった。
受付:道路の向かいの駐車場に車をとめ、ゲストハウスに入るとすぐ受付してくれる。
見学前の映写:省略してツアーへ
見学コース:製造工程を全てきちんと回れて見ごたえあり。缶・ビン・樽詰め全てがフル稼働していたのを見られたのは初めて。瓶詰め後の検査員の視覚検査ブースも眺められたが、あれは大変そうな仕事だ。
ガイドさんの説明:分かりやすかった。ビール麦(ホップも)の契約生産を増やしているという説明があった。国内産を積極的に使っているという点もアピール。


試飲ホール:千葉港が眺められる明るい大きな部屋。
試飲:サッポロラガー、黒ラベル。ハーフアンドハーフも頼める。おつまみは乾き物だけ。
試飲のときの説明デモ:おいしいビールの注ぎ方はなし。
その他:「ドライバーはソフトドリンクをどうぞ」と試飲会場に掲示されてはいるが他メーカーのよう(ワッペンを普通は貼られる)には煩くはしていない。大人の対応だ。

| おすすめ、ビール工場 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

アサヒ福島工場


<ひとことメモ>
見学日:2005年8月11日
予約:事前にTelしておいたが都合で一日早めてもらったがOKだった。団体でなければ予約なしでもよいよう。
アクセス:4号線に面していて分かりやすい。本宮ICからアプローチしたら工場の搬入ゲートの方に着いてしまった。もっと手前で見学門案内がほしい。
受付:道路に面した駐車場に車をとめ、ゲストハウスに入るとすぐ受付してくれる。
見学前の映写:省略してツアーへ
見学コース:製造工程を全てきちんと回れて見ごたえあり。構内の階段にはエスカレータまで設置されていた。
ガイドさんの説明:分かりやすかった
試飲ホール:明るい大きな部屋。
試飲:スーパードライ、黒生。ハーフアンドハーフも頼める。アサヒのスモークチーズ、スモークチキン??などもサービスされた。
試飲のときの説明デモ:おいしいビールの注ぎ方はなし。


その他:これまで訪ねたビール工場のなかでも最大だ。アサヒのWebサイトは、工場プロフィール(開設年、規模、従業員数、生産量、仕向地、役割など)、周辺観光案内など必要十分な情報が揃っている。
ドライバーには、スーパードライ一缶をお土産としていただけるのはアサヒだけのサービスだ。

| おすすめ、ビール工場 | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

キリンビール栃木工場


<ひとことメモ>
見学日:2005年8月10日
予約:事前にTelしておいたが到着が遅れて再度TelしてOKだった。団体でなければ予約なしでもよいよう。
アクセス:県道10号に面していて分かりやすい
受付:工場の入口ゲートで見学者氏名を言うと(聞かれたのは初めてだけど)、駐車場にガイドさんが迎えにきてくれたのには驚き(見送りもしてくれた!!)。要は、2人以上なら一家族だけでも案内してくれる。
見学前の映写:他の見学者家族に子どもがいて、子ども向けビデオを映写…分かりやすかった!? 
見学コース:けっこう構内をとぼとぼ歩かされた。見学施設は昔使った仕込釜などを見学専用に仕立て直した専用スペースだけ。釜の中まで覗けたりするが見ごたえはいまいち。
ガイドさんの説明:分かりやすかった
試飲ホール:小さめの部屋がいくつか。
試飲:キリンラガーと一番搾りだったか??
試飲のときの説明デモ:おいしいビールの注ぎ方(キリンの3回注ぎ)。デモしたビールを勧められて飲んだ。


その他:試飲が終わって、別のツアー客が説明を聴いている部屋のショップに案内された。いつ帰っていいのかタイミングが分かりにくい。一組づつ丁寧に対応してくれるのが親切だが、ちょいとやりすぎのように感じる客もいるのでは。

| おすすめ、ビール工場 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

キリンビアパーク取手


 アサヒビール茨城工場へ寄るつもりだったが、予約いっぱいとのことで断られてしまった。しかし、フラワーパークからの帰路に偶然通りかかったキリンはすぐ見学・試飲させてくれました。

ビンと缶詰ラインは止まっていたが、珍しい20L樽詰ラインが面白かった。この工場は、8種類ものビールを生産しているそうだ。見学がパッケイジングだけで、ビール作りそのものの説明が聞けなかったのが残念だった。


| おすすめ、ビール工場 | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

サントリー武蔵野ビール工場


 中央高速を通る度に気になっていた、あのユーミンの中央フリーウェイにでてくるビール工場へ立ち寄る。1973年にサントリーがビールに進出するときできた初めてのビール工場。今は当たり前だが、生ビールを日本で初めて作ったんですよ…とPRしていた。
 さすが平日の朝一番の見学だったので、グループは我が家チームとあと女性客二人だけ。
コンテストで金賞をとったプレミアムモルツをしっかり試飲 (^0_0^)

| おすすめ、ビール工場 | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

≫ EDIT

おすすめ、ビール工場見学


 5月サントリー利根川工場、先月はアイルランドのギネス工場、先週はアサヒビール神奈川工場と、なぜかビール工場とのご縁が多い。 ビール各社のCR:カストマー・リレーションの特徴などもわかって面白い。 
 まぁただ単に、工場の出来立てビール、それもタダで飲みたいだけなんですが(^0_0^)。 そこで、各社の公開施設を調べたが、うーん、全国すべてを回るのは大変だ。○印が既訪のところ。◎はbLogメモをのせたところ。

アサヒビール:北海道工場 ◎福島工場 ◎茨城工場 ◎神奈川工場 名古屋工場 吹田工場 西宮工場 四国工場 博多工場

キリンビール:○千歳工場 仙台工場 ◎栃木工場 ◎取手工場 ○横浜工場 名古屋工場 北陸工場 滋賀工場 神戸工場 岡山工場 ビアパーク広島

サッポロビール:○北海道工場 仙台工場 ◎千葉工場 ○静岡工場 大阪工場 新九州工場 ○サッポロビール博物館 ○札幌開拓使麦酒醸造所見学館 ○恵比寿麦酒記念館

サントリー:◎利根川ビール工場 ◎武蔵野ビール工場 京都ビール工場 九州熊本工場

オリオンビール:名護工場

【その他】 アイルランドのギネス工場
      ビール酒造組合のサイト

| おすすめ、ビール工場 | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

| PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。