PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

【海外ミステリ】 T.ジェファーソン・パーカー『コールド・ロード』


◇本書から (七搦理美子訳 早川 2007)
『「保安官事務所のおとり捜査チームがハイアット・ホテルのスイートで彼を逮捕したその夜まで、気づかなかったのですか?」アンドレアは口調に疑念をにじませながら訊ねた。
「ええ、そのときまでまったく気づきませんでした」
その返事に対する彼等の反応―眉をうごかしたり、視線を投げかけたり、首を振ったりといった、言葉を伴わない思わせぶりな身振り―をマクマイケルはじっと見ていた。
 勝手にしてくれ、お彼は思った。真実に真正面から取り組む勇気がないのなら。
「では、彼がポルシェの新車に乗っていることも疑問に思わなかったわけだ」とフザラが言った。
「その車をわたしは見たことがありません。』


◇久しぶりのジェファーソン・パーカーのノンシリーズ8作目は、サンディエゴ市警殺人課部長刑事のマクマイケルが名門家富豪の殺人事件を追う。サンディエゴの街の様子や暮らしぶりの描写は興味あったものの、名門家の三代におよぶ確執…マクマイケル自身が対抗する名家の出になるという出来すぎの配役とか、被疑者の看護婦にいちころに恋してしまったり、離婚した妻と息子との関係など、トピックスが過剰すぎて600ページ読みきるのにはかなりの忍耐力が必要。
 引用は同僚だった刑事が麻薬所持で逮捕されマクマイケルが尋問を受けるシーン。細かい点だが、このポルシェの購入価格が"6千ドル"となっていた。これは誤訳かどうか不明ですが、"6万ドル"でしょうね。ほかには、別れた妻の相手(口腔外科医)のフェラーリ・テスタロッサ、富豪の娘の夫のジャガー・クーペなどゴージャスな車ばかりが登場する。(2010.5.7 #632)
ジェファーソン・パーカーのセレクション

| ミステリーとクルマ | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1242-6f76b258

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。