PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

【海外ミステリ】 キース・トムスン『ぼくを忘れたスパイ』


◇本書から (熊谷千寿訳 新潮 2010)
『「チャールズ、昼食をおごってやろうか?」ドランモンドがいい、ボウリング用パンツから札束を取り出した。[中略]
 500ドルが、ホットドッグ四つ、ゲータレードの大瓶を二本、ロードマップ、ダンガリーのオーバーオール二本、コート二着、ドラモンドのスニーカー一足、それから、ホットドッグの五分の一の値段でも喜んで手放したと思われる、がたぴしの1962年型シボレーのショートヘッド・ピックアップに化けた。
 イグニッションキーをまわしと、ピックアップのエンジンがリウマチにかかったように咳き込み、テールパイプが黄色い羽目板に黒いオイルを吐きかけた。しかし、しばらくするとチャーリーとドラモンドは80キロで、意気揚々と、モニュメントをめざして走っていた。』

--COMMENT--
 競馬狂いで借金まみれのチャーリーと認知症になった父親が、次々と何者かに襲われ逃亡するが、父親はどうも以前辣腕のスパイだった。荒っぽいドタバタのサスペンスの上、読みにくい訳文がプラスしていまいちのユーモア・ミステリといったところ。
 物語の大半は逃走に次ぐ逃走なので、クルマがたくさん登場。競馬の賞金で手に入れたボルボ・スポーツカー、ロシア・マフィアのキャディラック・エルドラド、弁護士のBMW Z4ロードスター、モーテルに停まっていた"おんぼろトヨタ・クレシーダ"と"バーガンディーのフォード・トーラス"、追跡者の"黒いダッジ・デュランゴ"、農家のジープ・ワゴニア、デラウェアで拝借するシボレー・マリブなど。(2010.12.19 #668)
[photo]Dodge Durango , 2011

| ミステリーとクルマ | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1395-80a70b79

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。