PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

【海外ミステリ】 イアン・ランキン『死者の名を読み上げよ』一向に犯人像が明らかにならない忍耐一筋、会話・ディテール描写の巧みさに加え、登場人物の多さ、複雑な利害関係、読み応えのある作品


◇本書から (延原泰子訳 早川 2010)
『リーバスは運転席側の窓を開け、涼しい風を心地よく感じながら走った。アウキテラーダーへの最短ルートを知らないが、キンロスからグレンイーグルズ・ホテルへ行けることはわかっていたので、そちらに車を向けた。
 二ヶ月前、カーナビを買ったのだが、まだ説明書を読んでいないのだ。カーナビは空白の画面のまま、助手席に転がっている。そのうち、車にCDプレーヤーを取り付けてくれたガソリンスタンドへ持っていくつもりだ。
 後部座席やトランクを探してみたのだが、ザ・フーのCDが見つからなかったので、エルボウを聴いている。シボーンお勧めのバンドだ。アルバムのタイトル曲《リーダーズ・オブ・ザ・フリー・ワールド》が気に入り、それをリピートにしている。ヴォーカルが、60年代以後に世の中がおかしくなった、と歌っていた。リーバスも、別の観点から同じ結論に達していたので、同意したくなった。しかしヴォーカルはもっと変化を望んでいるのだろう。グリーンピースや核兵器廃絶運動が支配する、貧困とは無縁となった社会の到来を。』

--COMMENT--
 リーバス・シリーズ第17作は、エジンバラでG8会議が開かれ、警察上層部が捜査を止めさせたがったいるなか、シボーンと執拗に連続殺人犯を追う怒涛の一週間を描く。
 相変わらずの…一向に犯人像が明らかにならない忍耐一筋、会話・ディテール描写の巧みさに加え、登場人物の多さ、複雑な利害関係、読み応えのある作品だ。
 引用は最初の事件現場に向かうリーバス、車はいつものおんぼろサーブだ。地元ギャングの紺色のベントレーGT、G8関係者用のアウディA8など。(2011.6.20#691)

| ミステリーとクルマ | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1534-5c712964

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。