PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

香西力さんの自分史


 T社広報部時代の上司だった香西力さんが自分史を出版されて案内をいただいた。
ユーモアと穏やかなキャラクターで(勝手な感想ですみません)、号数の大きな風景画も描かれる方なので、一度ご本を読んでみたいもの。

タイトル  うれしくて、悲しくて、切なくて 涙したあのとき
出版社   文芸社
本の体裁  273P、ソフトカバーの単行本、定価1,400円

今日現在では、多くの書店サイトに登録されていました。
Amazon 楽天 7net
【本書オビ】
香川県の農家に生まれ、中学卒業後、養成工として社会に出るも挫折、奮起して大学を卒業。日本の高度成長期をトヨタと共に駆け抜けてきた“一人の男性”が、「田舎っぺ、東京での青春」「ロサンゼルスに住んだ5年間」「7年間で、35のアフリカ諸国を訪問」「慣れない損保業界に入って」等、折々のユーモア溢れるエピソードや苦労談、心震える瞬間を綴ったエッセイ風半生記。

| つれづれ | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1625-5c8954cb

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。