PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

ムーミン公園


 娘と孫姫たちをつれ飯能の<あけぼの子どもの森公園>通称:ムーミン公園へ。
イチョウの黄葉が始まって秋の彩りを感ずる一日(#^.^#)
帰路は、ちょうど入間航空祭でブルーインパルスのフライトショーがあり、空になんと☆マークを描いたりしていた。
運転中のためデジカメは撮れず(^^;

| つれづれ | 17:07 | comments(2) | trackbacks(0) | home↑

COMMENT

大変ご無沙汰しております。
随分前にミステリの車絡みでおじゃまして、少しお話させていただいたと思います。
最近、「帰ってきた」ジョー・パイク(エルビス・コール)やベルンハルト・グンターのシリーズを追いかける羽目になり、黄色いコルベット(エルヴィス・コール)で思い出して検索したら、やっぱりこちらにヒットしました。
本当にご無沙汰しております。お変わりなくお元気そうで何よりです。

エルヴィスの黄色いコルベットとヒエロニムスがマイクル・コナリーの作品中ですれ違っている・・・などという場面もあるらしく、廃版作品を探しての追っかけは作品が増えるばかりで大変です。

硝子の暗殺者、不屈の弾道などスナイパーものや、生、なお恐るべし、夜明けのパトロール、ブラッドブラザー、夜を希う・・・などなど、最近翻訳ミステリの良品が続けてでているので、戻るのか先に行くのかほんとに悩みます。

赤のプリウスに乗っているのはヤンエグの証拠だなどというセリフが、映画の「ザ・タウン」にありましたが、原作にもありそうですね。強盗こそわれらが宿命 チャック・ホーガン は読んでいませんが同作者流刑の街は大変面白かったので、この次は映画原作の方を読もうと思っています。

久しぶりでいろいろ書き散らしてしまってすみません。
またミステリ車評拝見しに参ります。

| たぶん・・・晴読雨読 | 2011/11/04 13:05 | URL | ≫ EDIT

晴読雨読さん
 お便りありがとうございます。
 旧作新作問わず、まさに"毎日がミステリ"のようなエネルギッシュなペースのようで凄い!! J.コグリン、J.カーリイ、M.コリータ、J.ホーガンは当方はまったく未着手著者ばかりで、うーむ追いつくのには大変そう。
 <エルヴィスの黄色いコルベットとヒエロニムスが作品中ですれ違っている・・・>は『暗く聖なる夜』でしたね。
http://lagoon100.web.fc2.com/mist/ConnellyM.html#暗く聖なる夜
 私の方は、リーバス警部のイアン・ランキン、探偵カディのジェレマイア・ヒーリイをぼちぼちをフォローした一年でした。ノヴェルですが、隠れファンを自認するアン・タイラーの『ノアの羅針盤』が久しぶりに訳出され、にんまりといったところ。またよろしくどうぞ

| つれづれ | 2011/11/05 21:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1631-b713a594

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。