PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

Sudokuの上級解法、XY-wing


相も変らず嵌まっている数独パズルから難問の一つ。
下図の黒字が原パズルで、途中まで解いたのが青数字…解くのは紙と鉛筆だが見映えのため数独ソルバーに入力してある。
実は、ここで基本解法が行き詰まり、超ややこしい上級解法に当てはめてみるか、仮り置きして賭けるか決めなければならない。
 当パズルではXY-wingが使えたので、そのプロトコルがいかに大変か検証してみよう。
1.候補値が二つだけのセルを順番にチェック、同じ行か列にその候補値のいずれかを含むペア候補値セルを探す
 図:G8の(9,5)とB8の(1,5)が該当
2.この二つのセルの共通でない候補値(9,1)が残っているセルがあるかチェックし、H9に発見(@_@)
3.XY-wingの成立、すると元の(Yの根本)セルになかった(1)が(図ではオレンジ丸)候補値から除外できる
4.C9が(5)と決定すると後はするするゝと決着

こう書けば簡単そうに見えるが、この組み合わせを見つけるには数十回か百回を越えるセルチェックを行わなければならず、とても人間業ではムリ(-_-;) それにチェックしてX-wingなりXY-wing(Y-wingと表記する場合もある)が存在しないケースもあり…不成立ケースの方がかなり多いだろうし…当方はやっぱり仮置き方式のほうが合理的だし早いように思う。
 とくにこの図の、B8とC9の(1,5)、行か列に並んでいないペアは仮置きして即解ける場合が多い。

| つれづれ | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1646-2ef1cb91

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。