PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

錦秋のイタリアへ、4日目 (フィレンツェ、アッシジ)


【4日目】 
 8:00ホテル発、夜中に降った雨もあがり、快晴。フィレンツェ中心部に大型バスが入れないため、600mぐらい手前で降車し、アルノ川河岸に沿って歩き、ウフィッツィ美術館へ。早朝なのでまだ来場者は少なくセキュリティ・ゲートもスムースに抜け入館。二班に別れ、3F(絵画)から2F(ダ・ヴィンチ、ティツィアーノなど)へ早口、速足の日本人ガイドさんに遅れまいと必死についていく。そう、ちゃんと鑑賞しようとしたら一週間ぐらいかかりそうな展示をたった一時間で回るので致し方ない。
 ガイドしてくれる作品は、ボッティチェッリの「春」「ヴィーナスの誕生」など、教科書や絵画集で見たことのあるものばかりでした。

そのあと、アルノ川にかかる二階建てのヴェッキオ橋~シニョリーア広場・ヴェッキオ宮~カルツァイヴォーリ通り~<花の大聖母教会>ドゥオモと散策。フィレンツェ名物もつ煮込み「ランプレドット」の屋台をのぞいたりしてランチは、マッシュルーム平うちパスタ、フィレ、デザート。
 街中では小型の電気自動車を何台か見かけたが、路側に充電装置付きの駐車帯が用意されていた。街中に住み・働けるコンパクトな生活エリアだと電気自動車は使い勝手がよいはずで…進んでいますね。

革製品の免税店に寄ったあと、一路ペルージャを経てアッシジへ。陽の落ちる前、<清貧の聖者フランチェスコの街>にようやく到着。サン・フランチェスコ聖堂のどしりとして端正なたたずまいに感銘を受けた。1997年9月に大地震があって相当な被害があったはずだが現在はその痕跡はまったくない。
 アッシジを発つ頃にはとっぷり日も暮れて、丘の上にライトアップされた聖堂が浮かび上がって望めた。

18:40にオートルートにまたがって設置されてるサービスエリアのAUTOGRILL(初めて!)で休憩後、19:40ローマ着。
夕食はホテルPRESIDENTのレストランで、ペンネ、?、デザート。
[本日の歩数] 12700歩 5日目へ

 

| つれづれ | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1654-185924cf

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。