PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

錦秋のイタリアへ (見出し、1-2日目)


【日程】
11/29 成田発 12:50 NH0207 《この記事》
11/30 ミラノ、ベローナ 《この記事》
12/1 ベニス 《記事へ
12/2 フィレンツェ、アッシジ 《記事へ
12/3 ローマ 《記事へ
12/4 ポンペイ、アマルフィ 《記事へ
12/5 カゼルタ、ナポリ発16:55 LH1929 《記事へ
12/6 成田着15:40 NH0208

【リンクほか】 picasaアルバム 
動画2点:アッシジの鐘、ヴァチカンの鐘

参加ツアー:クラブツーリズム 人気の観光地めぐり イタリア8日間 催行:2011/12~2012/3、TD:望月千花さん
※手塚祐二さんと連絡とれました

【1日目】
 成田から乗り継ぎのミュンヘンまでの全日空機は満席!ANAは24時間前からネットで座席指定できるので、早々にログインしたもののオクさんと並んで座れるペア席はなんと一箇所しかなく危うく確保。グループメンバーは友達同士でもほとんどばらばらの席しかとれなかったようだ。優遇はしなくてももう少し平等にしてほしいもの。

 photoのようなロシア上空の白夜を楽しみながら濃霧のミュンヘンに。フライト12時間はこの歳になるとかなりしんどい。ヨーロッパはどんどん遠くなるね。
90分ほどの待ち時間があって、まずは孫へのお土産のおもちゃを下見~これがマストだから(^○^) ルフトハンザで70分ミラノ着 20:30。 何回かイタリアにきているのでこの空港はおなじみだ。
スーツケースを受け取り(今回はどなたもロストバッグなしで幸い)、バスで空港から近くのホテルへ。
ホテルは街中の大通りに面した<グランドホテル・マルペンサ>。部屋のWiFiを試してから持参した入浴剤をたっぷりいれたフロで疲れをとる。

【2日目】
 4:00すぎから起きだし、今回のツアーで泊まるホテルの位置をタブレット・ノートのマップで検索しておく。事前に検索してキャッシュすると、ネット接続なくても現在位置がGPSで詳しく表示される筈。その後バス移動中に現在位置表示をしてみたところ、ある程度の縮尺でればおおよそのマップが常時でてきてとくにキャッシュする必要があるかどうか?

6:30にパンと生ハム・チーズ、ジュース、コーヒー、ヨーグルトの簡単な朝食。このパンがフランスパンほどはカリカリでなく中身がふっくらのもので適度な噛み応えがあるし大いにお気に入り。東京でも入手できるのか調べようっと。
7:30出発…高緯度のヨーロッパでは日没が早く…16時過ぎには暗くなり出すため”早起きは3ユーロの得”とばかり朝が早い。※ミラノは旭川と同じ緯度
 それにしても道路は通勤の車であふれ渋滞がすごい。不思議にこの時間帯ではトラック類がほとんどおらずコンパクトな乗用車ばかりだ。ミラノはけっこう地下鉄網も充実しているようだが、通勤者は混んでもクルマが大好きのようだ。

中心部にやっと入り、最初にサンタマリア教会の<最後の晩餐>見学。わがグループ26名は二つの枠に分かれて入場。30名の入場者が揃うと手前の部屋の入り口が閉じられ、時間になると、展示室側ドアだけが開くという<絶対定員遵守>の仕組みが見事。大規模な修復は、原画に忠実にということで、以前の鮮やか過ぎる修復を削ぐことがポイントだった。そのため図版でみていたものより色が薄く淡い感じ。
 お決まり免税店でトイレを借りたあと、スカラ座~ビットリオ・エマヌエーレ・アーケードへ。この構内のブランド・ショップ看板類は暗めのゴールド色とするように規制されておりマクドもそれに従った世界唯一の店とのこと。日本やアジアの狂ったような色使いは見直してほしいものだ。
2008年にきたときは前面が修復工事中だったドゥオモは、今回は前面がちゃんと眺められた。ドゥオモ前では大きなツリーの設置がすすめられていよいよクリスマスシーズン。前回上った尖塔はパスし、堂内の荘厳なステンドグラス(差し込む光の位置で時間を示す仕掛けあり!)など。ドゥオモ近くのレストランで定番ミラノ・カツレツのランチ。

大型トレーラーが隊列をなして走るE64自動車道を東に抜け、16:00すぎに<野外オペラの街ベローナ>へ。オーストリアからアルプスの峠を越える街道に位置する古都らしくなかなかシック。一時間ほど散策したらもう日が沈み真っ暗。
 なにしろハードスケジュールなのでその後、ヴェネチア(ベニスと言うよりだいぶ気取ってるね)のホテルまで1時間半ほど突っ走る。そうそう、州を越えるせいか、バスは通行税を取られる。辺鄙な薄暗い徴収所に寄るのが面倒そう。
19:30 アンバシアトリ・ホテルでショートパスタと舌平目ムニエル、デザートのディナー。この3品目の組み合わせはツアー中ずっと一緒。ビールとグラスワインが4-5ユーロという相場もどこでも一緒。生野菜サラダはまったくお目にかかれません。
食事の後、隣のビルのスーパーをのぞきちょっと買い物。ここのWiFiは5ユーロの有料。
[2日目の歩数] 12600 3日目へ


より大きな地図で 錦秋のイタリア 2011/12 を表示

| つれづれ | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1660-5d0e0a0d

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。