PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

【海外ミステリ】 ローラ・チャイルズ『ほかほかパンプキンとあぶない読書会』


<クルマの登場シーンを抜書したLagoon 100 Mysteriesより転載>
◇本書から (東野さやか訳 ランダムハウス 2011)
『スザンヌはバックミラーをのぞきこんで自分の顔をあらためた。さっきから同じことを20回ほども繰り返している。お化粧は?バッチリ。唇は?ロレアルのベリーバーストという色のリップグロスでうっすら色づいている。髪は?グレッグのすばらしいテクニックで、ほれぼれするほどすてきに仕上がっている。
<シュミッツ・バー>の真正面の通りに自分のフォード・トーラスをとめ、すでにサムが店の中で待っているのに気がついた。彼のBMWは店の真ん前でフォードのF-150とシボレー・シルバラードにはさまれ小さくなっていた。
 スザンヌはバッグをつかんで車を降り、うきうきしつつも少しドキドキしながら通りを小走りで渡った。スエードのジャケットにデザイナー・ジーンズ、スエードのショート・ブーツという格好が、さりげなくシックに見えるかしらと案じつつ。
<シュミッツ・バー>のドアを押し開けたとたん、ビールとハンバーガーが焼ける匂いに包まれ、ジュークボックスから流れるトレイス・アドキンズの歌にピンボール・マシンのピコピコいうリズムが合わさった音楽に出迎えられた。』

-- COMMENT --
 <卵料理のカフェ、カックルベリー・クラブ>シリーズの第3弾は、ハロウィーン間近に開いたリーディング・デートの会の参加者がクロスボウで殺される事件がおき店主のスザンヌが捜査に協力する。引用にでてくるスザンヌの車は店の前で放火されてしまうが、犯人についてはとくに話題になることもない(必然性もなく)、またエンディング間近に真犯人が突如出現するなど、ミステリ部分はかなりおまけ的扱いだ。お店をきりまわすスザンヌ、トニ、ペトラの賑やかで心和ます会話や、メニューなどは楽しく読める。(2012.2.15 #725)

| ミステリーとクルマ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1794-4a487f33

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。