PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

中野区立図書館の危機(指定管理者へ移行、その3)


―その後の経過―
◇<本町図書館とあゆむ会>として、中野区教育委員会 教育委員長宛ての陳情を実施
 件名:区立図書館8館に指定管理者制度を適用するため提出された区議会への議案について撤回を求めること
 日付:2012年2月10日
 陳情書 (pdf)
 なおテキストは本文末の[続く]に併載しています

◇教育委員長からは以下が文書で回答がありました
 『2月24日の教育委員会定例会において協議した結果、1月27日に議決した「中野区立図書館設置条例の一部改正手続きについて」に関する決定を変更することはないとの結論に至りましたので通知します』
 ※教育委員は、2009年10月「図書館の新しいあり方」に記載された<新たな管理運営体制の構築>だけに拠って、その後国会等での見解「公立図書館に指定管理者制度はなじまない」などにはまったく斟酌していないようです。

◇3月9日の中野区議会本会議に、図書館への指定管理者制度を導入する議案(中野区立図書館設置条例の改正)が提出され13日に委員会審査の予定とのこと

※多くの図書館利用者やその家族など、将来にわたって区民に大きな影響を与える可能性のある重要な議題を、まるで区民に知らせずに密室の中で決めてしまおうとする中野区のやり方は残念というより、暴挙に近いと言わざるを得ない。
 厚木市が公開している、「厚木市立図書館への指定管理者制度の導入についての同市図書館協議会答申書」などと比較するまでもなく、開かれた区政からはほど遠い。


陳 情 書

中野区教育委員会 教育委員長 山田正興 殿

                           2012(平成24) 年 2 月10日

件名:区立図書館8館に指定管理者制度を適用するため提出された区議会への議案について撤回を求めること

                           陳情者 本町図書館とあゆむ会 代表 本間 裕子
〔主旨〕
 この度、8館の区立図書館を指定管理者に任せるための議案が区議会に提出されたと知りました。区議会には1月31日に唐突に報告されていますが、区議会への陳情締め切りは2月7日の為、あまりに時間がありませんでした。
「公立図書館に指定管理者制度はなじまない」とする見解が国会や、各自治体で認識されるようになってきており、直営館に戻す自治体もあります。第9期図書館運営協議会提言(2009年)にある「業務委託等の手段を経費削減の道具とすることの危険性を十分に認識し」た上での議案提出なのか疑問です。
将来展望や実質効果が明らかにされないまま指定管理者に移行することに反対し、教育委員会の良識において、議案を撤回されますよう求めます。

〔理由〕
1.利用が無料の公共図書館では、指定管理者は自己努力で利益を上げるわけにいかず、収益確保のためにはいかにコストダウンを図るか…つまり区民へのサービスダウンと労働者の人件費圧縮しかなく、“更なる利用者満足度の高い図書館サービの提供を目指す”という導入主旨はありえません。
 現在の民間業者への窓口業務の委託においても、官製ワーキングプアの起因となり、図書館員の定着ができないなどの問題が指摘されています。

2.図書館は学校や他の社会教育施設との連携、協働が多く求められており、管理・運営を民間業者に任せてしまうと、その連携ができにくくなります。さらに、指定期間を3年とし、指定業者が代わる可能性があり、長期的展望に基づいた運営や、中野区民の実情に沿った図書館事情に詳しい人材の育成、確保が困難です。
中野区職員の側も、図書館のことがわかる人材が不在となってしまうので、“外部からの有識者等も交えた仕組み”で指定管理を検証する時、区民ニーズを反映した評価をすることも危うくなります。図書館の将来計画立案等にも支障をきたし、結局は図書館サービスの質の低下を招くことになります。

3.区は一挙に8館全てを指定管理者制にしようとしていますが、全館を指定管理者制にしているのは23区では千代田区だけです。千代田区と中野区では利用者の構成や要求など色々事情が異なった上で図書館サービスが展開されてきました。そのたった1つの前例に倣うのは蛮勇であると言わざるを得ません。

4.かつて民間委託導入の時も、いきなり8館全てで導入になったという経緯があり、区民や利用者不在でした。教育委員に十分な議論や考察、熟考の暇を与えず、重要な問題を推し進めています。導入目的に“経費の削減を図り”とあるように、区立保育園の民間委託、区立幼稚園の廃止など区が責任を持つべき福祉・教育を経費削減をはかりどんどん民間に任せていく、同一線上に図書館もあるということです。
このような方法で区民と一緒に築きあげた図書館施策を後退させることがないよう、教育委員会の見識において指定管理者制度の適用を見送るよう求めます。

| 図書館・本・読書 | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1820-f659c857

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。