PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

【海外ミステリ】マイクル・コナリー『真鍮の評決』


<クルマの登場シーンを抜書したLagoon 100 Mysteriesに併載>
◇本書から (BRASS VERDICT,2008 古沢嘉通訳、講談社、2012)
『「パトリック、わたしは12年前に公選弁護士事務所をやめてからずっと、事務所を持っていない。車が事務所代わりだ。これとまったく同じリンカーンをほかに2台もっている。ローテーションで回して使っているんだ。
 どの車もプリンタとファックスを備えており、コンピューターには無線カードをつけている。事務所でやらなければならないことはみな次の場所に向かっているあいだにここでやる。
ロサンジェルス郡には40以上の裁判所が点在している。自由に動ける状態を保つのは、ビジネスをするには一番いい方法なんだ。」
「クールですね」パトリックは言った。』

--COMMENT--
 コナリーの弁護士ミッキー・ハラー第2作は、銃撃死した知人の弁護士から受け継いだ映画会社オーナーの殺人事件を扱う。よくできたストーリー、スピード感、とくに陪審員を巡る駆け引きなど、今まで弁護士物とは一線を画す面白さ。
 引用シーンは、”リンカーン弁護士”と呼ばれる因縁が紹介されている部分。道具立てが豪華ですね。他に、スタッフ調査員の”63年製ハーレー…パンヘッド・エンジン”、死亡した弁護士のBMWクーペ、映画会社社長のミディアムクラスのメルセデスと40万ドルのマイバッハそれとカレラGT、スタッフドライバーの”サーフボード・ラックのついたスバル・ワゴン”、陪審員の”全米ライフル協会ステッカーを貼ったフォード150ピックアップ”どなど。(tablet入力 2012.6.5 #739)

| ミステリーとクルマ | 16:41 | comments(0) | trackbacks(1) | home↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1917-b2d5978f

TRACKBACK

まとめtyaiました【【海外ミステリ】マイクル・コナリー『真鍮の評決』 】

<クルマの登場シーンを抜書したLagoon 100 Mysteriesに併載>◇本書から (BRASS VERDICT,2008 古沢嘉通訳、講談社、2012)『「パトリック、わたしは12年前に公選弁護士事務所をやめてからずっと、事務所を持っていない。車が事務所代わりだ。これとまったく同じリンカ?...

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/08 11:34 |

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。