PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

【海外ミステリ】ロバート・ウォード『四つの雨』


<クルマの登場シーンを抜書したLagoon 100 Mysteriesに併載>
◇本書から (FOUR KINDS OF RAIN,2006 田村義進訳、早川 2007)
『300万ドルじゃ足りない。くそっ。家を2軒買ったら、それでおしまいになる。文無しだ。少なくても400万ドルはいる。
 それに車のことも考えなければならない。今乗っているのは、ポンコツの古いボルボだ。非物質主義を標榜する左翼のはしくれとしては、それでなんの問題もない。だが、ジェッシーのような女にそのような生き方を押しつけるわけにはいかない。ジェッシーは他人に自慢できるような格好のいい車に乗りたがっている。できることなら、夢をかなえてやりたい。それが歳の離れた恋人を持つ男のつとめだ。
 ジェッシーは恵まれない者の犠牲になりたいなどと思っていない。当然だ。本人自身が恵まれない者の一人なのだから。』

--COMMENT--
 50歳を越したしがない心理療法士の前に、ジェッシーが現れもう一度夢を咲かせたい…と窃盗を思いつくがそこから転落が始まる。当人もジェシーも、友人もご都合主義者ばかりなのを皮肉っているノワールものと言えそう。文中の「…女の尻に敷かれたヒーロー」はドンピシャだ。
 引用以外の車としては、殺人課刑事のクリーム色のクラウン・ヴィクトリア、美術商のシルバーのBMW、窃盗をたのむ男の79年式カマロ・I・ロック(?)など。
(tablet入力 2012.6.28 #744) 

| ミステリーとクルマ | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1959-19b5d141

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。