PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | home↑

≫ EDIT

【海外ミステリ】 デオン・マイヤー『流血のサファリ』


<クルマの登場シーンを抜書したLagoon 100 Mysteriesに併載>
◇本書から (BLOOD SAFARI,2007 大久保寛訳 武田ランダムハウスジャパン 2012)
『空港まで後をつけてくるものいなかった。
 私たちはエマのグリーンのルノー・メガーヌ・カブリオレで行った。私のイスズのピックアップ・トラックはカレルの家に置いてきたのだ。「きみの車でも窮屈じゃないよ、エマ」この朝カレルは私のことは無視して彼女にそうすすめたのだった。
「あなたが運転なさる、レマーさん?」エマ・ルルーはきいた。
「それでよろしいなら、ミス・ルルー」これが私たちが最後に交わした儀礼的なやりとりだった。フィッシャーヘーブンからN2国道に向かいながら、私がルノーのオートマティックの変速機と2リッターエンジンの驚くべきパワーに慣れようとしていたとき、彼女は「エマと呼んでください」と言った。
 これこそがいつも気まずい雰囲気になる瞬間だ。相手は私に同じことを言って欲しいのに、わたしは決してファーストネームを教えないからだ。「ぼくはレマーです」。』

--COMMENT--
 南アフリカ在住の作家による、同国を舞台にしたアクション・サスペンス。クルーガー国立公園での銃撃犯が20年前に失踪した兄ではないかと信ずるブランド・コンサルタントの女性と、ボディーガードを依頼されたレマーや関係者らが何者かに襲撃される。自然保護運動、部族間の闘争、まだ尾を引くアパルトヘイト問題、隣国モンザンビーク大統領の暗殺事件などを背景に徐々にその首謀者が明らかにされる。現地人の名前や地名が憶えにくかったりするが、ストーリーのトピックが新鮮でとても面白かった。
 それにしても登場車も無茶多かったなぁ。リンポポ州で初めに使うレンタカーがBMW318i、二人が追跡される警察のオペル・アストラ、動物保護区に現れた男のニッサン1400ピックアップトラック、その男の恋人のおんぼろワーゲン・ゴルフ、襲撃グループのニッサンのおんぼろの青いピックアップ、銃撃されたエマを病院に運ぶトヨタの25万キロ走行したハイエース、ボディガード社が用意してくれたアウディA4と白いダブルキャブの3リッター四駆ニッサン、襲撃グループの本拠にあったグランドチェロキー、トヨタ・プラド、ボディガード者経営者女性の1984年型ポルシェ930など。(2012.7.21 #745)

| ミステリーとクルマ | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | home↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://titoh44.blog29.fc2.com/tb.php/1976-545a8dcc

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。